古野電気(6814)メモ

かお

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 現在、古野電気(6814)をポートフォリオに組み込んでいるのですが平均建値が900円台後半で、2019年1月25日時点株価906円に対して含み損となってしまっています。決算発表期待で購入したのですが、発表通過後で株価を大きく下げてしまいました。自分を慰めるために古野電気について調べたことを折角ですので記事にします。長期的なお付き合いとなりそうですので今後も気付いたことがあれば追記していきたいと考えています。

企業情報

 船舶用電子機器の世界シェアトップの大手であり、魚群探知機を発明したメーカーでもあります。事業別売上高構成比では舶用事業が80%を超えており地域別売上高構成では海外が60%を超えて欧州、アジア、北米の順となっています。他にも産業用事業、無線LAN・ハンディーターミナル事業を手がけています(GNSSを利用した携帯基地局で使う時刻校正機器や位置測量技術の防災利用、気象レーダーなど)。
 業績予想は売上高こそ大きな変化はありませんが、今期予想は前期比で営業利益、経常利益が100%超の大幅増益となっています。
 少し気が長い話なのですが2030年度の成長目標は、連結売上高1,200億円、営業利益率10%、新規事業構成比率30%を掲げています。

第68期 第2四半期株主通信より

購入メモ

 今期の営業利益をみると過去5年では最高益が予想されています。業務体系として舶用事業への依存度と売上の海外比率が高く、景気に大きく左右されるセクターで不安はあるものの、売上高の変化率に比べて売上総利益が大幅改善しているのは、為替の影響だけでなく、生産性効率改善や製品構成の見直しが大きく効いており、来期以降についても恒常的な営業利益率の増加が見込めると判断しました。

(百万円) 2013 2014 2015 2016 2017 2018(予)
売上高 75,666 85,966 89,720 78,674 79,050 82,000
営業利益 1,492 1,799 2,911 1,534 1,992 5,000
経常利益 2,396 2,840 3,362 1,458 1,857 5,000

 指標では自己資本比率は51.8%、ROE(予)は11.0%、営業キャッシュフローはしっかりした数字で、有利子負債に対して利益剰余金は十分で、財務健全性の面からも長期的な保有には安心感があります。株価は下降トレンドとなっていますが、1月25日時点での予想PERは7.14、PBRは0.7と既にかなりの割安圏です。
 気がかりは信用取引情報(1月18日)で、株価は持ち合いor下落傾向の中で信用買残が689,100株(前週比+423,200株)、信用売残が53,200(前週比-17,900株)となっており、日証金速報においても信用買残傾向が続いている点です。再上昇には日柄調整が必要かもしれません。
 
 そして大きく株価を下げてしまう要因となった第3四半期決算の結果ですが、通期の進捗率は83.7%に留まり、前期の進捗率109%に比べると物足りない結果となりました。前期をみると4Q単体では販売費及び一般管理費が重荷となって営業利益を圧迫していますので、通期での達成が危ぶまれているようです。決算短信を見る限り今期3Q単体での伸び悩みについては説明されていません(少なくとも為替差益ではないようですが)。。。ただ業績予想については第3四半期発表後も下方修正はされていませんので、それなりに勝算があるのかもしれません。
 あまりIRに積極的な企業ではないのですが、ここは決算に関する補足資料や自社株買いなどを実施して欲しいものです。足元の株価の値動きからは短期というよりか中長期的な保有となりそうです。

(百万円) 1Q 2Q 3Q 4Q
今期 2,202
(44.0%)
3,853
(77.1%)
4,186
(83.7%)
 
前期 249
(13.5%)
1,498
(81.0%)
2,017
(109.0%)
1,857
(100.4%)

チャート(日足、週足)

 チャートは2018年10月をピークに下降トレンドになっており苦しい形です。昨年の12月を底に決算発表前(日足の赤矢印)時点では辛うじて200日線を回復していましたが、決算発表後には200日線はおろか、直近の12月安値を割り込んでいます。5~75日線まで下向きとなっていますので、ここからも短期での回復は厳しいかもしれません。
 今週は終値ベースでは900円をなんとかキープしていますが、日経平均が好調な地合においても1,000円を回復できず前述のように信用買残のみが積み上がっていますので、こうも売り圧力が強いうちは800円台がどうしても意識されるところです。週足ベースで考えてた中長期的な下値支持線は突き抜けてしまいました。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です