世界経済の鈍化って散々言われていたけど

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

取引なし

 魔のメジャーSQはガッカリ展開での通過となりました。なんとなく水曜日からの展開で読めてた気がしますが、日経平均は思ったよりも大きく下げて2%安の21,025円となり、一時21,000円を割り込む場面もありました。マザーズは3%安で厳しい展開です。まったくの慰めにもなりませんが上海の4%越えの下落よりマシと思います。
 2月のSQも400円以上さげて翌営業日には全値戻しをしているので、目先の上昇トレンドは終了しましたが、このまま下降トレンドに突入するかは見極めたいところです。こっそり日経VIが一時20超えした点は少し怖い気がしますが。

 材料としては悪材料ばかりで、ECBによるユーロ圏経済成長見通しの下方修正がとにかく大きく、2019年のGDP成長率見通しが1.7%増から1.1%増に大幅に下方修正されました。タカ派なドラギ総裁もハト派に転身し、年内の利上げ開始を示唆していた従来の姿勢を転換。ユーロが激しく売り込まれました。
 さらに中国の貿易統計では2月の輸出は21%の大幅減となり、アメリカ追加関税前の駆け込み需要の反動という側面もあるのかもしれませんが、どちらにしろ米中貿易摩擦の影響が大きく顕在化しています。
 ただ反面、このような世界的リセッションの懸念ってすでに織り込んでいたのでは?と思っていましたがどうなのでしょう。クリスマス後の夢からやっと正気に戻って売られていくのか、よく分かりません。まずは今晩のアメリカの雇用統計発表後の動きを見てみるしかありません。

 昨日今日と休みだったのに、目先の流れがわからないので取引はしていません。半導体は今日も売られました。アドバンテンスト(6857)は5%超安。やはり昨日決済しておけばよかったと後悔するも、もう塩漬けだなぁ。何故かショーケース・ティービー(3909)が吹き上がり、一時は7%越え。ついに時代がきたかと思いましたがそんなことはなく、一旦は始値まで戻し最終的に2%弱のプラス。
 対して為替がドラギ会見よりボラが大きくなっています。今日も雇用統計前なので手控えられるかと思いきや東京時間ではよく動きました。昨晩からで200pipsくらい抜けたので目先は株取引はお休みしてFX住民として暮らしていくことになるかもしれません。

保有
1429 日本アクア
1518 三井松島HLD
2362 夢真ホールディングス
3909 ショーケース・ティービー
3994 マネーフォワード
6754 アンリツ 
6857 アドバンテスト
7513 コジマ
9531 東京瓦斯
9928 ミロク情報サービス

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です