好悪材料の乱立、プラマイゼロ?

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

本日の取引なし

 本日の日経平均は前日比23円高(+0.1%)の21,711円の小幅高となりました。対してTOPIXは-0.07%のマイナスと相場全体として方向感のない展開。5日、25日、75日線ともにほぼ中立でチャート上も持ち合い模様となっています。あくまで印象ですがSQ前の下方向への仕掛けは今月は激しくなかったようです。ただ今週の騰落レシオを振り返ると100をずっと割ったままで値上がり銘柄が値下がり銘柄数を上回る日は1日もなく、相場としては強いとは言えません。
 材料は玉石混交でこちらからも方向感は定められませんが、まず安心材料としてはブレグジット。先延ばしといえばそれまでですが、12日の合意なき離脱の流れは回避されてとりあえずは一安心。EUの臨時首脳会議で離脱期限が10月31日まで再延期されました。無論条件としてはイギリスはさらに追い込まれるわけですが、正直なんとかなる気はしません。。。うーん、10月は消費税増税といいまた重なります。
 また米中通商交渉の進展ニュース。米中両国が執行機関の設立で合意とのことです。米国株下がったらいっつも出るいつものアレかと、そろそろ信用されなくなるような気はしますが、技術移転や知財権保護あたりは結局協議中とのこと。


 ドル円はECBのドラギ総裁発言後に110円台まで円高が進行しますが、FOMC議事要旨は利下げについては慎重で意外とハト派ではなかったことから円高進行はストップし111円台を回復しています。個人的には前回FOMC以降は円高トレンドと私は思っています。
 そして気になるファーストリテイリング(9983)と安川電気(6506)の決算ですがともに振るわず。ファーストリテイリングは12-2月期(2Q)は前期比プラスなものの今期の通期見通しは4%下方修正。安川電気は今期経常は6%減益、さらに来期予想も減収減益で前期比5.6%減とかなりまずい展開。前四半期決算は出尽くしで買われたけど今回はどうなることか。為替と対中の売上不振で電気機器はかなりまずいんじゃないかと思ってしまいます。
2019年8月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結) ファーストリテイリング
2019年2月期 決算短信〔日本基準〕(連結)  安川電機

 ポートフォリオは我関せずで高安拮抗(値上がり5、値下がり6)。遊びで買ったスルガ銀行(8358)は案の定7%近く下落。。。昨日1単元に落として良かったと思う一方で、600円程度の銘柄なのでそれほど影響はなく、長期に持ってみようかと思って買ったので今後も特に損切りなどは考えていません。その他銘柄はプラスもマイナスも2%を超える銘柄はありませんでした。

保有
1429 日本アクア
1518 三井松島HLD
1963 日揮
2362 夢真ホールディングス
3941 レンゴー
4722 フューチャー
4743 アイティフォー 
6035 アイ・アールジャパンHD 
6436 アマノ
8358 スルガ銀行
9531 東京瓦斯

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です