精彩を欠く中国経済

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 本日も何もなく平穏に過ごしています。ちょっとボブ・ボルマンのスキャル本を合間合間で読んでるのでいつか気が向けば紹介するかもしれません。

 中国の製造業PMI(中国国家統計局、財新)が本日発表されました。50は上回ってきたものの、先月から横ばいの市場予想を下回り、早速先月から再び悪化してきました。政府の景気刺激策に早くも陰りが出てきたのかもしれません。まだ50を割ったわけではないので休み明けの日本市場に大きな影響はないでしょうが、円高傾向が少し心配です。
 どちらにしろ、月末月初、日本はおめでたい雰囲気ですが、今晩から週末にかけてEUのGDP速報値、アメリカISM、FOMC、米雇用統計とイベント満載となります。何もできず指を咥えているだけですが注目です。そういう意味でもやはり連休前にポジションを軽くしていたのは、ポジショントーク抜きに客観的に相場を眺められるような気がして心理的にだいぶ楽です。

 どうせ株式相場は休みなので、特に海外指標は気にしていなかったのですが、為替の方でも中国PMIによって豪ドルはもろにアオリを受けた感じです(チャートは昨日~本日までの15分足)。
 昨日からショート狙いでチャートでタイミングをうかがっていたのですが、中国株式が好調でまったく下がりませんでした。このままトレンド変わっちゃうのかと思っていましたが10時の中国PMI発表で5分で一気に35PIPSほど下がりました。この時間帯はまったくケアしておらず、普通に出かけていて入れませんでした。まあ指数プレイは苦手なのでよいのですが。
 一応最後の下落はとれたので、今の戻りをねらって、またショートで入っていこうと思っています。78.2円台くらいまでは下押しするのではないかと思っているので、結構取れそうな気がします。ドル円もショートで取れそう。今日のように長期トレンドに順方向に動く相場はエントリーしやすいです。EUのGDP速報値発表の18時には一旦手仕舞いします。

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です