(Q)急に(S)上海が(K)来たので

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

決済 1333 マルハニチロ(売建) -2k
   1377 サカタのタネ(売建) +5k
   3436 SUMCO(売建) -30k
   4216 旭有機材(売建) +1k
   6506 安川電機 +3k

新規 2124 JACリクルートメント
   2469 ヒビノ
   3969 エイトレッド  
   4739 伊藤忠テクノソリューションズ
   4755 楽天
   7740 タムロン

 本日の日経平均は前日比57円安(-0.27%)の21,344円となりました。上は21,500円超え、下は21,100円台とアメリカの対中制裁関税を睨んで市場は大きく反応し上下400円の荒い値動きでした。ちなみに5月SQ値は21,451円となりました。
 CMEでは21,000円割れ寸前まで迫った日経平均ですが、NYダウの400ドル超の下落を160ドルまで縮めた勢いを引き継いで、大証先物では大幅に下げ幅を縮めての寄り付きとなりました。中国関連銘柄の寄り前板も軒並み買い注文が厚く、寄りからの大幅マイナスを想定していたので、かなりマズイことになったと思い、前場中にポジションいくつかは解消しとこうなどという当初の悠長な考えは捨て、売建についてはノーポジにすることに。
 他の売建銘柄は寄り付きで決済したのですが、SUMCO(3436)は1000株以上保有していたにも関わらず、反発期待で5日線まで引っ張ってしまうという判断の遅れが仇となり結構まとまった損失に。前場の急激な上昇局面の中、さらにサプライズが起きた場合を考えると、半端に引っ張った割に関税タイムを持ち越す英断はできませんでした。結果論ですが寄りで決済しておけば微益ではありますが損失を防げただけに反省です。トランプ発言がなければかなり値幅取れたんだろうになぁ、相場は読めません。

 結局、追加関税についてはサプライズは特になく、25%への引き上げは滞りなく実施されました。前場終了時はプラス圏で推移していた日経平均は後場寄りからズルズルと値を下げ、一時は前場の終値から400円近くの下落に。

 売りポジをまた持ち直そうかなと悩んでいたのですが、ここで非常に気になったのが上海総合指数の後場寄りからの動き(次図上、1分足)で、一旦下を試した後に急激な戻りを見せました。ダウ先(次図下、1分足)も動きが鈍いながら反転しており、これはもしかして悪材料出尽くしの反転があるのではと買い目線へ変更しました。騰落レシオも空売り比率もかなり売られすぎ方向に煮詰まってきていたので。。。


 というわけで、週末持ち越しになってしまいましたが数銘柄新規に買いました。今回の決算ではアイティフォーやアンリツで痛い目を見たのですが凝りもせず本日決算銘柄に手を付けてしまいました。1つ目が楽天(4755、次図上、日足)で結構いいところで押し目を形成しているかなと思います。決算も4.3倍増益と良さげ。2つ目はJACリクルートメント(2124、次図下、日足)で上ヒゲが気にはなりますが、年初来高値圏にある銘柄で上は軽そうで、こちらも59%増益と良さそうな決算となっています。
楽天、1-3月期(1Q)税引き前は4.3倍増益で着地
ジェイエイシ、1-3月期(1Q)経常は59%増益で着地
 今週は外部環境に流されてポジションをコロコロ変えてしまいました。来週からはザラ場中の動きを気にしている暇が少なくなるので、もう少し腰を据えたトレードが出来たらと思います。


 

保有
2124 JACリクルートメント
2362 夢真ホールディングス
2469 ヒビノ
3677 システム情報
3969 エイトレッド  
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
4755 楽天
7740 タムロン

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です