米株、プラスで終わるも。うーん。

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 昨晩の米国株は経済指標が冴えず、GDでのスタートに。4月の小売売上高が前月比0.2%減(市場予想0.2%増)、鉱工業生産指数は0.5%マイナス(予想0.0%)と市場予想を下回りました。特に自動車小売は1.1%減と大幅下落となりました。
 ここでさすがのタイミングというか、検討中であった自動車と自動車部品に対する追加関税導入を巡る決定を最大6カ月先送るとの報道を受けて、大きくプラスへ切り返しました(NYダウ前日比+115ドル)。
 日経CMEも僅かですがプラス圏での終了。トヨタなどはすでに米国工場へ7億ドル超の投資を決定していますし、関税は撤回というわけではないので大勢は変わらないのですが、本日の日本株にとっては短期的な好材料となりそうです。日産は非常に微妙ですが。。。日本株は売られすぎだとは思うのですが、完全な下げ止まりを見ないことにはもう一段下もリスクシナリオとして覚悟しておいたほうが良いと考えてます。ドル円も109円台後半は抜けないようなので。
 ダウチャート(次図、日足)は日経平均と同様に陽線となるも5日線に頭を押さえつけられる形に。日米ともに5日線を超えられるかが目下の注目となりそう。


 少々気になるのが債権利回りで、10年債利回り(次図、日足)は昨日も大きく下落し、再び3ヶ月債利回りを下回る状況に。英ブレグジット問題も相変わらずのようですし、潜在的な懸念は燻ります。

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です