何やら底堅い日本市場。買いポジ処分は杞憂に。

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

決済
1963 日揮 +34k
3633 GMOペパボ -17k
3661 エムアップ +6k
6305 日立建機 +1k
6506 安川電機 +16k
6914 オプテックスグループ -4k

新規
3916 デジタルインフォメーション
4286 レッグス
4755 楽天
6096 レアジョブ
6098 リクルートホールディングス
6301 小松製作所(売建)

 本日の日経平均は前日比33円安(-0.16%)の21,117円となりました。昨晩のNYダウは経済指標不調もあり下落するも、一時400ドルを超える下げ幅を終盤には286ドル安まで縮めての終了。SOX指数も続落と米中貿易摩擦の影響が続いていましたが、またまた時間外にトランプ大統領が、ファーウェイ問題に関して米中協議の中で解決の可能性を示唆したため市場が混乱する事態となりました。株価が下がるたびにこういう口先介入はやめていただきたいものです。

 日経平均(次図上、5分足)は21,000円割れのスタートとなるも、上海市場がプラスで始まったこともあり、寄り底の展開となりました。トランプ発言もあってか5月になって売られていた電子部品・半導体関連銘柄も久方ぶりに前日比プラスや陽線がチラホラみられました。戻り売りを仕掛ける場面なのか本当の底値圏なのか見極めたいところです。一方で原油価格下落に伴い売り候補は石油関連株も加わりそうです。
 今日1日の動きとしては強い動きでしたが、日足チャート(次図下)で見るとまだまだ素直に上昇は望めない形。トランプ大統領のリップサービスはアテになりませんし、今週末の日米首脳会談で何かしら材料がでれば上にも下にも動きそうです(トランプ杯が楽しみなので久々に相撲を見てみようかと思います)。一方、イギリスは欧州議会選挙についても何やらブレグジット党なんていう中々にヤバそうな方々が台頭しているようで、今回の結果次第では国政にも参加する可能性がある模様。なんだか右寄りなポピュリストが世界政治のトレンドなようです。
 と、どちらかといえば相場を下に動かす要素のほうが多くありそうですが、21,000円でのココ最近の底硬い反発やBPSが19,953.91円であることを考えると、一時的なオーバーシュートはあるにしても20,000円程度が底値目処と考えて良いのかもしれません。中小型の内需株に関しては今日の寄り付きの時点ですら、そこまで大きく下落した印象はありませんでした。昨日は警戒して買いポジションを外しましたが、今日の動きを見て個別株として有望であれば買い進んでも良いのかなと思い直しました。少し混乱中です。こういうときはポジション持たないほうが良いのかもしれません。

 昨日は買いポジションを全て解消するというヘタレ戦法で損失を計上してしまいましたが、ドテン売りポジションが上手くハマり損失額を補ってプラス収支とすることができました。日経平均が全く下げないので、長期保有銘柄以外は全ポジション決済しました。
 上海総合指数の動きがどうも強く見えませんでしたので、お守りで5日線まで反発してきた小松製作所(6301、次図、日足)を引け間際に売りポジを建てました。
 他は素直に買建にしてみました。レアジョブ(6901、次図下、日足)は気になってた銘柄で、本日GDしてくれたので入ってみましたが何やら出来高が激減してしまっています。少し嫌な予感がします。

保有
2362 夢真ホールディングス
3916 デジタルインフォメーション
4286 レッグス
4755 楽天
6096 レアジョブ
6098 リクルートホールディングス
6301 小松製作所(売建)

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です