21,000円の攻防となるも、一旦は売り目線か?

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

決済
5019 出光興産 -1k
9104 商船三井 +3k

新規
6301 小松製作所(売建)
6305 日立建機(売建)

 本日の日経平均(次図日足)は前日比256円安(-1.2%)の21,003円となりました。前日の米国市場の大幅安を受けてのGDスタートとなるも21,000円割れからの底堅さは健在で、岩盤は中々に強固です。しかしながら上昇は弱く、終値は5日線にすら達することができませんでした。上値はかなり限定的とみるのが妥当そうです。今後も連日21,000円割れの事態となれば、逆に21,000円ラインがレジスタンスラインとなってしまったり、20,000円前後までの底割れ(下手すると19,000円付近までのオーバーシュート)といったリスクシナリオを考える必要がありそうです。

 さらに米中貿易戦争の解決の糸口は見えず、来月のG20においても進展は難しそうです。中国はレアアースの輸出規制を示唆しており、交渉材料が多分野に飛び火していくのであれば解決への道筋はますます混迷をきわめそうです。

 米国金利はこういった状況を踏まえ昨晩さらに下降し、結果的に円高も誘発されています。チャートで見ても、外部環境から考えても今後の展望は悲観的ではと思ってます。

 ポートフォリオは微妙で、石油セクターがこの地合で唯一強かったため、出光興産(5019)は損切りしました。セットで商船三井(9104)も手放しました。
 本日のトレードで失敗してしまった点が2つほどあり、まずは売建のマルハニチロ(1333)ですが寄り後は100円以上の下落となっていたにも関わらず、終値は最安値から100円もプラスとなってしまいました。損失があったわけではありませんが機会損失は少し心が痛みます。3,200円ほどを利確ラインに設定していましたが、月足レベルでは上昇トレンドが完全に崩れているとは言えないので状況を見て、一部だけなど早めの利確も考えていこうと思います。
 2点目は新規の売建のタイミングで、上海は間違いなくマイナスで寄り付くだろうと思いこんでいたので10時過ぎには小松製作所(6301)、日立建機(6305、次図5分足)ともにポジションを持ちましたが、随分と底値圏に近いところでのポジションとなってしまいました。含み損となってしまいましたが下目線ということで持ち越しました。

保有
2362 夢真ホールディングス
3844 コムチェア

1333 マルハニチロ(売建)
6301 小松製作所(売建)
6305 日立建機(売建)

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です