アメリカ、24日イランに追加制裁

 

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 タイトル通り、トランプ大統領がツイッターで22日(現地時間)に表明しました。無人偵察機撃墜の件に対するもので、制裁内容は現在のところ不明で軍事行動についても否定されていません。イラン側からは無人偵察機が領空侵犯したものとして撃墜の正当性を示す証拠を出してきているようですが、おそらくそれによって制裁がストップすることはないかと。しっかりとオバマ前大統領に毒を吐いているあたり、これはやっちゃいそうです。ただイラクの大量破壊兵器保持問題なんて前例もありますから、今のところはアメリカ側の主張が全て正しいかといえば真偽のほどは分かりません。

 

 タンカー襲撃問題も有耶無耶の中、週明けの日本市場は追加制裁をどう織り込んでくるのか。。。少なくとも原油高(次図、日足)、円高方向になるのでしょうか。中東情勢を無視すればチャートとしては200日線や、数々のレジスタンスラインが控えているので、将来的に問題鎮静化後も原油価格チャートが崩れていないのであれば、エネルギーセクターに売り入れるってのも面白いかもしれません。
 来週の相場で上昇要因となりそうなのはG20に向けた漠然とした期待で、目下は米中貿易問題の進展ですが、まずは25日の閣僚協議で良い材料が出てくるかどうかに注目です。報道を見る限り知的財産権の問題は米中ともに譲れないポイントとなりそうで、どうも長期化しそうな気がしてなりません。前にあったトランプ大統領のG20後に3000億ドル超の追加関税を判断という発言が生きているならそこまで楽観出来ないような気もします。
 また安倍首相がG20の中で、サプライズの景気対策(消費増税延期含む)を発表するようなことがあれば日本株も息を吹き返すのでしょうが。。。週末のG20まで株価が維持できる気があまりしません。私が悲観的すぎるのかも??

クリックで拡大

トレード日記ランキング にほんブログ村 株ブログ 株日記へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です